読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめのーと

あれこれ旅行や趣味のことを備忘録も兼ねてのんびり気ままにまとめてみる。

ファウンド 圧巻のラスト!!

ファウンド

総合:86点

怖さ:★★

魅力:☆☆☆☆

 

新学期で色々と忙しくて更新が遅れました(;´д`)

行きつけのGEOで今のところ気になったホラーはこの作品が最後!

かなりのグロと胸糞展開が待っているという噂でしたがなんとなく「グッドナイト・マミー」的な雰囲気を感じて鑑賞。

 

「兄さんは生首を部屋に隠している」

マーティはホラーやオカルト好きの少年。いつも友達のデヴィッドとホラー漫画を描いたりオカルトグッズに溢れる小屋の探索などをしていた。

マーティは家族の秘密を見つけていた。母の古いラブレターや父のポルノ雑誌、そして兄が隠し持つ生首。しかしマーティが秘密を漏らすことはなかった。ただ、一人で秘密を覗き見ることを愉しんでいた。

普段は優しい兄。そんな兄が殺人鬼に変わるきっかけとなる映画をマーティは発見する。「HEADLESS」というその映画は、ナタで切り落とした頭で性的欲求を満たす殺人鬼が最後には警察に殺されるというだけのものであった。一緒に観たデヴィッドは内容もオチもない映画にただ呆れていたが、マーティにとっては殺人鬼と兄が重なり合って強烈なショックを受ける内容だった。

怖がるマーティをデヴィッドがバカにしたことから言い争いが始まり、カッとなったマーティはデヴィッドをビビらせるために兄の部屋からバッグを持ち出す。渡されたバッグを開けたデヴィッドが見たものはマーティをよくいじめていたクラスメイトの生首。さっきまでバカにしてきたデヴィッドをビビらせることができたが、二人の友情は絶対に口外するなという脅しに変わってしまった。

さらに、ショックで吐いてしまったデヴィッドを送り出している間に兄が帰宅。マーティは持ち出した生首を戻しに行くことができず、ついに兄は秘密がバレたことに気づいてしまう・・・

 

 

かなりの衝撃!!

グッドナイト・マミーはオシャレ感というかアートっぽい独特の雰囲気があったのに対し、こっちは攻撃的で張り詰めた空気感による独特な雰囲気。

殺人鬼の兄も、ただの狂人じゃないっていうのがグッと引き込ませてくれる。彼にも家族があり、その中に深い愛情が感じられるところ、そこに未成年の複雑な心境が垣間見えて美しいとも言える作品!!

ただ、その心理から行動にいたるところの過程を知りたい!とか、HEADLESSのラストと兄のラストの対比を見たい!っていうのは野暮なのかな…(´ ▽`;)

雰囲気と細かい演出でハイセンスハイクオリティなのは間違いない作品だけど、どこに焦点を当てられているのか・どこに注目すべきなのかがイマイチ分からない印象。観る人を引き込ませる展開とテンポ感、素晴らしいラストを邪魔したくはないのだけれどストーリーをもう少し観たい、深めてほしいと思ってしまいました・・。

 

結構な切断系グロシーンやイかれた性描写が盛りだくさんではあるけれどぜひ観てほしい一本。

 

f:id:matomeki:20170429135228j:plain