読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめのーと

あれこれ旅行や趣味のことを備忘録も兼ねてのんびり気ままにまとめてみる。

ザ・ギフト "贈り物"とは真逆のラスト

ザ・ギフト

総合:66点

怖さ:☆

胸糞:☆☆☆☆

 

ちょっと前に予告編を見て気になっていた作品!

たまたまいつも使うレンタルショップに置いてないのかと思ったらつい最近出た新作だったんですね( ̄▽ ̄)

星だけ見るとまぁまぁいい評価の作品ですが、こんな話。

 

大企業に勤めるエリートサラリーマンのサイモンは妻とともに新しい街に大きな家を建て、これからの生活に夢を膨らませていた。

ある日、妻と家具を見て回るサイモンに男が声をかける。彼はゴードンと名乗り、名前を聞いたサイモンは彼が学生時代の同級生であることに気づく。

急いでいたため電話番号を渡して別れた二人であったが、翌日サイモンの家の前には祝いのワインがメッセージカードとともに置かれていた。住所を教えた覚えもないのに、と少し怪しむ二人であったが、サイモンの妻ロビンの提案によりゴードンを夕食に招待することに。

久しぶりの再会に昔話の止まらないゴードンに対し、「あまり彼に酒を与えるな」「彼は人と接するのが苦手なんだ」と消極的なサイモン。実は学生時代に二人がそれほど仲が良かったわけじゃないので気まずいという夫の訴えを受けてロビンはもうゴードンを誘わないと約束する。

しかしその日以降もゴードンは度々家を訪れ、ある日には庭の池に鯉をプレゼントするなど彼が家から離れることはなかった。

ロビンは彼をいい人だと信じていたが、サイモンは彼の来訪を嫌がり、ゴードンから招待を受けたパーティーで直接そのことを伝えることにした。

そしてパーティーの日。サイモンがゴードンに彼の行為が迷惑であると言うと、妻と別れて寂しかったからつい二人につきまとってしまったと、ゴードンの事情を知らされる二人。

もう関わらないと約束し、その日はゴードンの家を後にしたが、改めて謝罪し、「できれば初めからやり直したい」という彼からの手紙を受けてロビンは心を痛める。

そもそもなぜ夫は彼を拒絶するのか。漠然とした疑問やストレスによって心が不安定になったロビン。しかし彼女が知ろうとした二人の過去の真実は彼女の想像をはるかに超えたものであった…

 

何か予告編の雰囲気とだいぶ違ったー!!

もっとホラー感のある作品かと思ったけどDVDに書いてあった通りサイコサスペンス映画でした( ̄▽ ̄)

話としてはなかなか面白かったものの胸糞悪いシーンや展開もあるので人間同士のドロドロが苦手な方にはオススメしません笑

 

個人的にはキャストの演技が素晴らしい一方、中盤あたりまで 若干テンポが悪いような。小説をそのまま映画にしたような印象だけど、映画の流れとしてはイマイチハマらなかった。

読まれないようにしつつ後半への伏線をしっかり張っていく丁寧なスタイルか、衝撃のラストへ駆り立てるようなスピード感のどちらかが欲しかったな。それかオチをもっと過激にするか笑

 

とまぁ若干辛口評価したもののその辺のサスペンスよりは面白かったので興味のある方はぜひって感じ( ´ ▽ ` )

もっとヤバいものがどんどん届いてくるようなホラー映画あったら観たいな〜((

 

f:id:matomeki:20170411183302p:plain