読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめのーと

あれこれ旅行や趣味のことを備忘録も兼ねてのんびり気ままにまとめてみる。

少年は残酷な弓を射る 考察

少年は残酷な弓を射る

今回はホラー映画のレビューではなくサスペンス?映画の考察を。

ネタバレ込みの考察なので未視聴の方などは注意!

 

 

 

 

 

この映画の大まかな流れは

1. エヴァとフランクリンが出会い、結婚。夫婦の間にケヴィンが生まれる

2. ケヴィンの子育てに苦労するエヴァ。夫には懐くのに自分には「ママ」と呼ぶことすらなかった。

3. 治るどころか過激化する言動に、全て自分へのいたずらかと思い出すエヴァ。ついにキレてケヴィンに怪我を負わせてしまう。しかしケヴィンが体調を崩した日、初めてエヴァを「ママ」と呼び、甘えてくる。

4. エヴァたちに第二子セリアが誕生。しかしケヴィンは妹を遊び道具、雑用係として使うばかり。また、自身は弓の練習に没頭する。

5. エヴァの提案によりケヴィンと二人で出かけるが、相変わらず上手くいかない。それからしばらくして出しっぱなしにされていた排水管の溶剤によってセリアは片目を失ってしまう事件が起こる。

6. セリアの事件などをきっかけにエヴァとフランクリンがついに離婚を考え始める。そしてケヴィンが16歳の誕生日を目前にしてついに大事件を引き起こす。

7. ケヴィンによって大量の生徒とフランクリン、セリアは殺され、ケヴィンも刑務所(少年院?)へ。エヴァはケヴィンの面会に訪れるが何も話すことはできず。(テレビの話は直接してたのかも?)

8. 家と職を変えるエヴァ。しかし事件を起こした街から離れなかったため、周囲の人全員から激しく非難され続ける。

9. 事件から2年経ち、ケヴィンの大人の刑務所へ移動に合わせて再び面会をするエヴァ。なぜ事件を起こしたのかというエヴァの問いに対してケヴィンは「わかってるつもりだった。でも今は違う。」と。そして面会は終了し、エヴァはケヴィンを抱きしめるのであった。

 

ここまでの話と、ケヴィンが母親の愛を求めていたということは大半の人がそう受け取ったはず。

しかしなぜケヴィンはあのような態度をとり続けたのか、なぜ事件を引き起こしたのかという点について具体的なことは示されていない。たぶんそれこそが原題の通り議論すべき点なんだと思う。

 

事件を引き起こした理由はおそらく母に「見てもらう」ため。多くの人が多くの時間テレビを見ていることに注目したケヴィンはテレビに放送されるような「退屈ではないこと」を計画する。ケヴィンの特技は弓であり、その腕を使えば大事件を起こすことができる。もしかしたら自分の腕の良さを見せたかった点もあるかもしれない。

弓を持ったケヴィンが礼をしたシーンを見ても、これが彼なりのショーだったんだと思う。友人関係などの描写は一切なく、おそらく母にしか興味のなかったケヴィンにとって生徒はただの道具。殺すことに躊躇はなかっただろうなー。

じゃあなぜ母への愛がこのような態度で現れてしまったのかってことについてはいろいろ解釈があるはずなんだけど、ここでは単純に反抗・否定こそが一番注目される手段だって分かっていたからなんじゃないかな。

ケヴィンは賢かった。だから赤ちゃんの頃に泣いて母を呼んでいた原理を体で覚え込んでしまった。なかなか喋らなかったのは自分を異常に見せて母の関心を惹くため。これが成功してしまったがために、異常な振る舞いを続け、さらに反抗や否定も有効であることに気づいてしまった。父親についてはあまり関心がなかったから赤ちゃんの頃から泣いて求めることもなかったし、大きくなっても反抗する必要はなし。読み聞かせのシーンは体調不良で本心が素直に出た唯一のシーンかな!

ケヴィンは成長して母のことを徹底てきに調べ上げる。ケヴィンとエヴァが水の中に頭をつけるシーンは様々なことを息子が真似てる様子とか、水面が鏡のようになることを含めた隠喩なのかなーなんて。

小さい頃のようにただ闇雲に反抗するのではなく、母の行動の一手先で最も関心を集められるよう立ち回るケヴィン。そしてその集大成のごとく引き起こした事件。父と妹は邪魔者だったからだろうね。夫婦の営みを妨害したり、妹と過ごす母をチラチラ見てたりしたところも、賢くて母親一筋なケヴィンなら偶然じゃないだろうし。

しばらくは母と暮らすため、母の注目を惹くために利用してきた二人も、離婚されちゃうならもう必要なくなるし邪魔なだけだからってことで事件を起こして二人っきりになりたかったのかな。

でも実際は刑務所で母には会えず2年もの間考えた結果、自分のやったことが正しかったのかわからなくなってしまった。甘えることをほとんどしてこなかったケヴィン、エヴァも息子への愛を疑ってしまい愛情表現ができなかった。だからこそ改めて接し方がわからなくなってしまったケヴィンだったけど、エヴァが抱きしめてあげることで明るい未来が見えたっていうラストシーンだったのかな!

 

グダグダ〜っと書いてしまったけど個人的な解釈でした!笑

ストーリー以外に、キャストの演技が素晴らしい作品だと思います!

すごく特徴的にいろいろな色が使われていたり、音楽の使われ方も独特な感じがあるから詳しく研究するのも面白そう!

あとNINTENDO64とか琴の音楽とか、ちょいちょい日本要素があるのも面白い!!笑

 

たまにはこんな作品もいいなぁと思うまとめきでした( ̄▽ ̄)

 

f:id:matomeki:20170321175558p:plain