読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめのーと

あれこれ旅行や趣味のことを備忘録も兼ねてのんびり気ままにまとめてみる。

ポゼッション・エクスペリメント 新旧ホラー要素てんこ盛り!?

映画

ポゼッション・エクスペリメント

総合:84点

怖さ:☆☆☆

盛り込み:☆☆☆☆

 

2015年のエクソシズムホラー。

エクソシズム系はパッケージでわかりやすいね!( ̄▽ ̄ )

「ホラー映画を見飽きたユーザーの心もぐさり刺すホラー映画がここに」・・・ほう。観させてもらおうっ!!笑

 

男子大学生ブランドンは熱心に受けている宗教学の授業の課題で悪魔払いについての映像レポートを作成することに。若干不真面目なクラスメイトのクレイと組むことになったブランドンは悪魔払い中に神父を含む数人が亡くなった事件を見つける。ブランドンは調査を進め、ついに現場の屋敷を訪れる。

何者かの気配を感じながら屋敷の奥でヴィジャ盤を見つけた二人。ブランドンはこのヴィジャ盤で悪魔が存在するのかどうかを確かめるため、自分の体を悪魔に差し出す実験映像をネット中継し、課題レポートにすると決意。

ブランドンの熱意により、最初は冷めていたクレイもやる気を出し、いざ神父を呼んで実験をしようとしたものの、悪魔に体と魂を売るとは何事だ!と教会から断固拒否されてしまう。

それでも諦めない二人は美人医学部生のレダの協力と、ネットで集めた多額の寄付金で霊媒師を雇い、ついに実験とその中継が開始される・・・

 

 

アメリカ制作で最近の若者を対象にしたネットと悪魔払いの融合作。

テーマはすごくいいし、ストーリー構成も非常に良い。起承転結の4パートにはっきり分かれており、スムーズかつテンポの良い流れでとても観やすい。

パルス」のような時代錯誤も、レンタル開始したばかりの新作だからないし、「イット・フォローズ」のような安っぽさもない。悪魔払いの鉄板のようなシーンも盛り込まれていて演技・演出も良かった!

 

ただ、ところどころ「ん?」ってなるシーンがあったり、説明不足なのかどうなのか、わかりにくい描写も若干。

それと詰めの甘さ。物語の背景や重要なパーツがうまく掘り下げられてない感が否めない。「お?」って思わせるようなところが多い一方で作品の映像だけで解釈するとなるとかなりシンプルで味気ないものになってしまうのが残念。

 

それと、これは賛否両論だろうけど時々安っぽい演出・映像もある笑

最初の雷のシーンも結構ドイヒーだけど、ラストのブランドン無双シーンも笑えちゃうような演出。嫌いじゃなかったけど、怖くはなくなっちゃってたかな笑 終わりあっけなかったし。

ただ、何か昔の映画のオマージュっぽい雰囲気もあったりしたからリスペクトとかあるのかも。より詳しい人だったらもっと突っ込んだ評価できるのかもしれない。

 

実はこの映画かなり盛りだくさんの内容で、悪魔・エロ・グロ・屋敷・虫・陰謀・警察・ミステリーなどのキー要素がありつつ、古いビデオ映像から最新のネット中継映像までいろいろな手段の映像が観れるお得作品・・・なのにそれぞれが弱いorほぼ無いっていうほどだから流されてしまい、観終わった後「ほーん」って感じに終わってしまう。

もっと時間使っていいから作り込んでほしかったな。

 

まぁ試みとしては非常に良かったけど、60%試みのまま終わってしまったような映画だったかな。

 

f:id:matomeki:20170211033213p:plain