読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめのーと

あれこれ旅行や趣味のことを備忘録も兼ねてのんびり気ままにまとめてみる。

ATM 結構叩かれてるけど・・・?

ATM

総合:67点

怖さ:☆★★★★

なんかかわいそう:☆☆☆☆

 

2012年にアメリカで制作された「ATM」

ジャンルはホラーなのかサスペンスなのか・・

ただ、販売元がハピネットということは鬱エンドなのかな!なんてワクワクしながら笑

以下ストーリー。

 

証券マンの青年デイヴィットは担当する資金運用に失敗して顧客の年金を潰してしまい、ひどく落ち込んでいた。

同僚のコーリーが会社のパーティーに来ないかと誘うが、乗り気にならないデイヴィット。しかし社内で密かに好意を寄せていたエミリーが今日限りで退職してしまうことを聞き、パーティーに参加することに。

パーティーが盛り上がる中、一人で飲むエミリーを見つけたデイヴィットは勇気を振り絞って話しかけるが、うまく話せないまま「またいつか」と別れてしまう。

しかしこの別れに納得できなかったデイヴィットはタクシーを待つエミリーに再び声をかけると、エミリーもデイヴィットに惹かれていたという。初めてお互いの気持ちを知り、その夜は彼女を家まで送ると約束する。しかし一度戻ったパーティー会場でコーリーから自分も送ってくれとせがまれ、泣く泣く3人で帰ることに。

微妙な雰囲気の車内で厚かましくいろいろと注文をするコーリー。ATMに寄ってくれと言われ、深夜のATMに入る3人。お金を引き出した3人は車へと戻ろうとするも、目の前にはフードを被った怪しい男が。

様子を見る3人の目の前で散歩中の男を殺害する男。連絡手段を持たない3人は凍える寒さの中、じっと立ち続ける殺人犯を前に逃げ出すことができるのか。

 

 

ほぉ〜・・

まぁ色々言いたい事はあるのでまとめていく笑

個人的にこの映画は面白いというか好き!

 

後で調べてみるとかなり評判悪いみたいだけど、自分は良いと思う。

ただ、批判される部分もわかる。

犯人はおそらく一人で、途中からウロウロし始める。超人的な感じではないし、こっちは3人。

・・なんとなく逃げられそうな感じはずっとしてるんだよね笑

物語的には用意周到に練られた計画によって3人は外に出ることが一切出来ず、助けも来ない・・みたいな感じなんだけど、犯人は監視カメラに絶対映らないようにしながら大胆な殺人と3人への攻撃をするだけ。

実際3人がかなりフリーな状態なので携帯使われたり通報入ったり逃げられてもおかしくはないような気がする。もしかしたら対策してるのかもだけど笑

で、3人はこんなフリーなのに超保守的で何もしない。いや、するときもあるのだけれどちょっと考えたらずな行動だったりタイミングがだいぶ遅かったり。

最終的に冷静な判断ができなくなっていくならいいのだけど、せめて序盤はもっとまともな行動に出て欲しいもの。

 

残念な点で言えば、男の怖さがいまいち伝わってこなかったのもマイナスかな。もっとでかい男にするとか、狂気を感じる殺人方法や衣装だったりしたらもっと怖かったかな、と。

 

まぁこれだけ言ったけど逆にこの3人のどうしようもない感じや、男の畜生感、そしてさすがハピネットって感じのラスト。

十分楽しめる作品じゃないでしょうか。

 

これのオカルト版(男じゃなくて幽霊とか)とかだったらモヤモヤポイントは解消されつつ恐怖度が上がって意外とウケたりするのかなぁなんて妄想( ̄ー ̄ )

 

 

f:id:matomeki:20170201152143p:plain