読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめのーと

あれこれ旅行や趣味のことを備忘録も兼ねてのんびり気ままにまとめてみる。

ライト/オフ 元ネタで十分か…?

ライト/オフ

総合:58点

怖さ:☆☆★★★

電気消せなくなる度:☆★★★★

 

お久しぶりです!明けましておめでとうございます!

年末年始に体調を崩してしまい、学校の方も忙しくて少し期間が空いてしまいました・・・( ;´Д`)

 

今回の作品は『ライト/オフ』。予告見た時に、似たような動画を最近見た気がすると思ったらまさにその動画を元にジェイムズ・ワンが製作した映画らしい。監督はデビット・F・サンドバーグっていう別の人だけどね!

映画は元動画にそっくりな現象がとある家族の父親に降りかかるところから始まる。

 

父ポールの仕事場である倉庫のような場所。残業する父と共に働く女性は暗闇の中に何者かの影を見つける。その影はライトをつけると消えるが、ライトが消えれば再び現れる。近く影に怯えてポールに様子を見てもらいに行ったが、そのまま影に襲われてしまう。

自宅で母ソフィーと暮らす息子マーティン。旦那を亡くした母はもともとうつ病であったが、何か様子がおかしく、家の中に何者かの邪悪な気配を彼は感じていた。

恐怖で眠れなくなったマーティンは学校で居眠りを繰り返し、保護者の呼び出しを受けてしまう。しかしソフィーは連絡がつかず、代わりに離れて暮らす姉のレベッカが来ることに。

レベッカはマーティンを家へと送るが、怖がる弟と異常な母の様子を見て強引に弟を家へと連れていく。

その夜レベッカは暗闇の影に遭遇し、翌朝児童相談所の人がマーティンを母の元へ連れ戻して行った後も家族の危険を感じさせる怪奇現象を体験する。

影が残した”ダイアナ”という名前を知っていたレベッカは、事件の真相を知り、家族を助けるため再び家へと向かう。

 

うーん、どうも薄っぺらい作品。

「ライトが消えると何か出る」ってだけの元動画『lights out』に細かい設定を付け足しただけって感じ・・・むしろ肝心のドッキリ度合いは落ちてる気がする笑

ストーリーもあるっちゃあるけど迫ってくるものはないし、ラストもまぁ普通かなと。フリーホラーゲームの映画化みたいな印象受けたかも。

若干『MAMA』のテイストを感じる雰囲気と怪物デザインだったけど、あんまり怖くはないんだよねぇ(-。-;

 

つけたり消したりのシーンとか、いい感じのシーンもあったけど、せっかくの設定生かすなら「ライトが切れちゃうよぉ!!!」っていう焦りが出るようにもっと不安定なライト使うとか、ろうそくとかにするとか、全然助けが来ない山奥にするとか、鉄板ネタだけでももっと工夫できたのかなぁなんて思ってしまう作品でした。

ワーナー作品にしては思い付きの見切り発車感、ジェームズ・ワン製作にしては雰囲気の作り込みが弱いかなー。『イット・フォローズ』みたい。

 

一番面白かったのは未公開シーンにガッツリ別エンディングがあったことかな笑

強引な終わらせ方が笑えたけど、さすがに止めたんだなって笑

まぁでもチープな映像ではないし、見た感じ良い評判も受けてるみたいだから気になる人がいたら見れば良いと思います。止めはしないよ!笑

 

f:id:matomeki:20170113173140p:plain