読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめのーと

あれこれ旅行や趣味のことを備忘録も兼ねてのんびり気ままにまとめてみる。

1408号室 良くできているけど・・・

映画

1408号室

総合:65点

怖さ:☆★★★★

演技:☆☆☆☆★

 

これまたスティーブン・キング原作の映画。

幽霊屋敷を回って本を売り出す作家マイク。1408号室に行ってはならないと書かれた一通の手紙をきっかけに、娘が亡くなって以来行けなかったニューヨークのドルフィンホテルへと向かう。

宿泊を拒むホテルを押し切ってやってきたマイクに、支配人オリンは部屋の脅威、特に部屋で起こった惨劇を伝えるが、マイクは一向に引こうとしない。仕方なく部屋で亡くなった56人のファイルとともにマイクは部屋へと案内される。

最初は何の変哲もない部屋であったが、勝手にタイマーがセットされると様々な怪現象がマイクを襲う。

 

 

オカルトライターがやばいホテルに行って怖い思いをするという非常にわかりやすいストーリーだが、抜け出せない恐怖と娘を亡くしたトラウマによってマイクが狂っていく様子はまさにキングって感じかな!

いい意味でも悪い意味でもドリームキャッチャーのような衝撃展開や演出はなく、理不尽なことや謎が残ることもあまりないので、言ってしまえば分かりやすいけどやや平凡な話。。。

 

全体として演技はとても良かったのだけれど、狂う様子を注目するのならもっと振り切ってほしいところもあるし、追体験の恐ろしさとかも物足りなく感じてしまう・・・

ホラーとしては驚かす系のシーンが多いけど、やたらと多くはない。

良く言えば各方面のバランスが良くて観やすい上手くできた映画。

悪く言えばどれも物足りなく、やや退屈な映画。

 

ただ、この映画には6つのラストが用意されており、今回のDVDはその一つでしかないらしいので、他のラストを見れば全く違う評価になるかもしれない。

少なくとも”嫌い”っていう人はいなそうだし、一部のホラー好きというかキング好きにはウケるかもしれないなっていう感じの映画でした!

 

f:id:matomeki:20161114135031p:plain