まとめのーと

あれこれ旅行や趣味のことを備忘録も兼ねてのんびり気ままにまとめてみる。

私はゴースト つ、ついに来た・・!!?

私はゴースト

総合:97点

怖さ:☆☆☆☆☆☆☆

斬新:☆☆☆☆☆

 

”心はあの世への回廊”・・・

エミリーという一人の女性の日常。ご飯を食べ、買い物へ行き、掃除をする。

繰り返される生活の中、聞こえる怪しい物音や声。

しかし突然聞こえた別の声。声の主はシルヴィアと名乗り、エミリーはすでに死んでいて、今の彼女は幽霊であると告げる。

すぐには受け入れることができないエミリーであったが、徐々に蘇る記憶からシルヴィアの力を借りて成仏することを決心する。

成仏するために彼女は自分の死の因果を解こうとするも、そこには彼女自身も知らない衝撃の事実が隠されていた・・・

 

 

「私はゴースト」というタイトルやパッケージから、

超絶チープな作品かも??感動を狙った話かも??

なんて予想していましたが、幽霊目線という斬新さだけでレンタル!

 

無音の中、連続して映し出されるじっと動かず静止画のような画面。

しばらくするとようやく一人の女性が。

起きて、目玉焼きを作って、食べて、買い物に行って、掃除して、起きて、目玉焼き作って、食べて・・・

ところどころ怪しい物音や、怪しい動作、謎の怪我があるものの、それ以外普通の生活が何度も繰り返される・・・

 

 

なんだこれは・・・笑

 

音楽もなく、女性以外でてこない。独特すぎる構成・映像・カメラワーク。

低コスト感・学生の自主制作映画感はするものの不気味な作品・・・

 

そして現れたシルヴィアという女性。

エミリーにとっては結構な衝撃発言を連発しているが、タイトルを見てしまった私に驚きはあまりない笑

 

そうして一通りの説明の後再び繰り返されるエミリーの生活・・・笑

70分ちょいの映画のうち40~50分ほどこんな感じ。

こりゃぁ眠くなったり退屈する人もいるよね笑

 

しかしクライマックスに向かって繰り返されるうちに徐々に解かれていく奇怪な行動の謎。

そしてエミリーの魂に隠された重大な事実と衝撃のラストシーン。

 

 

 

なんだなんだ、、、怖いぞこれ・・・笑

大体の内容は理解できたけど、エミリーが愛おしく、悲しそうに見ていた写真は誰の写真なのかとか、引き出しの中の写真や人形が何を表すのか、エミリーの因果を解くシーンに出てくる二人影や葬式は誰なのか、そもそもあの家を出ることが何を意味するのかなど、ところどころ謎が残る・・・

それぞれエミリーの家族なのかななどと思うけれど、人数やエミリーが実際に見た記憶である事を考えるとどれもしっくりくる解釈ができない。

 

そしてラストの救えない感じ。

それぞれの最後のやり取りや様子がすごく頭に残る。

エンディングの曲も絶妙で、深みが増す・・・・ん?

なんていうんですかね?本エンドロール?黒バックの文字が流れるやつになると音楽が例のオルゴールの曲になるんですけど・・・

SEが入って不気味さがやばい、真夜中に一人で見ててものすごい不安になってくる・・・

そのままエンドロールもブツッと切れて終わり。怖すぎ。。。

 

いやぁ、なんか怖いものを分かっている作品というか・・・

例のアイツのビジュアルもよく見ちゃうと滑稽かと思うとやっぱり不気味で。

本当にいろいろ絶妙なんだと思う。怖かった・・・

血が偽物っぽかったり、女性がどうしても「家政夫のミタゾノ」にしか見えなかったりしたのは笑っちゃうけれど、不気味系という意味では紛れもなく一番怖かった・・・ぜひ真夜中に、一人でご観賞あれ( ̄▽ ̄)

 

f:id:matomeki:20161112151636p:plain