読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめのーと

あれこれ旅行や趣味のことを備忘録も兼ねてのんびり気ままにまとめてみる。

死霊館 これは良ホラー!!

映画

死霊館

総合:90点

怖さ:☆☆☆☆★

満足度:☆☆☆☆☆

 

5人姉妹を持つ7人家族は田野の家で新たに平穏な日々を過ごすはずだったが、すぐに数々の怪奇現象が降りかかる。危険を感じて二人の専門家に助けを求めるが、事態の真相は想像以上のものであった。教会に悪魔祓いの承認を要請するも、事態はさらに深刻化し、7人の家族のみならず専門家の家族までもが・・・

 

GEOのホラーランキングの上位に入っており、「ソウ」や「デッドサイレンス」を手がけるジェームズ・ワン監督の映画ということもあり観てみることに。

予告編を見たときはもしかしたら全然怖くないかもと思ったんですが、、、正直なかなか怖かったです笑

 

不気味な人形が画面半分を占めるところからスタート。ビビる人は1秒目から「うわぁっ!」ってなりそう笑

序盤はいつも通りすぎる、田舎の一軒家に引っ越したらやばいっていう話と、悪魔研究家が心霊現象の解決・講義を行う話の二つが並行して行われる。

”いつも通りすぎる”と書いたものの、それは設定がいつも通りなだけで、中身はその辺のB級ホラーとは全く違っていた・・・

特典ムービーでも言ってたけれど、カメラワークやあらゆるタイミングが本当に絶妙で、特にクリスティーンがベッドで引っ張られるシーンからがすごい・・・!!

緊張感と臨場感と不安や恐怖がすごく伝わって来る上、正体を明かさず、ビックリさせて終わりとかでもない。

それとお母さんがこれも鉄板な地下室に閉じ込められるシーン。オチの手を叩くシーンは若干チープに感じたものの、マッチの明かりを頼りにするっていう演出はすごくいい感じだった。ライトと違ってすぐ消えちゃうし、火をつけるのに一手間かかるのがより恐怖を煽るよね!!

 

全体的に悪魔の顔バレシーンは若干B級感出ちゃったけど、クローゼットの上にいるシーンぐらいの距離感だと顔見えてても怖い感じを保ててる気がする!

そして最後の悪魔祓いまで、いろいろな霊が出てくるけど、この辺から最後までは心霊的な恐怖よりはエクソシズムとかパニックの恐怖に変わっていく感じだからそんなに「怖さ」はなかったかな。

いろんな霊はメイドからピエロまでたくさんいて面白かったけど、もっと利用してそれぞれのエピソード深めたり怖がらせてくれてもよかったかなぁ、、、

まぁそうすると世界観とかバランス崩れるんだろうなとは思うけど笑

 

それと、やっぱり悪魔研究家の夫婦パートになると「インシディアス」感が強まるかな。

曰く付きグッズ部屋は怖くてヤバい感出てたからもっと見たかったな笑

 

 

ラストも映画としてオチもありつつ綺麗にハッピーエンドって感じだけど、少し物足りない感・・・

目隠しかくれんぼ(普通に危ないよね)とかオルゴールとか怖いところはたくさんあったものの、100%使い切れなかった感と、やっぱり悪魔とか憑依されて浮遊しちゃうとかのレベルで超自然的なことされちゃうとちょっとさめちゃうなって実感しました笑

評価も好みで分かれるとは思うけど、中途半端って感じではなかったし、すごく出来のいい映画だと思います!!ぜひご観賞あれ〜!!

f:id:matomeki:20161104200525p:plain